Children's Groundwater Institute〜子供のための水の研究会〜

このページをブックマークに登録する!

現代の水道水環境について

日本の水道水事情

この日本においては水道水の環境は外国と比べて「非常に良い」と言われています。

でも実際のところ・・・
そんな日本の水道水事情であっても、幼少の頃から水道水を飲ませ続けることが
将来において大切なお子さんに様々な悪影響、弊害が出てくるとも言われているのをご存知でしょうか・・・

それは・・・もっとも有名なところでいえば「残留塩素」でしょう。

水道水は殺菌のために塩素を用いていることは皆さんもご存じかと思います。
そのためどうしてもこの「残留塩素」は避けては通れない問題なんです。
「残留塩素」は発癌の原因にもなるといわれています。人間の体にとって良いとは言えないんですよね。

このようなリスクを回避していくことがお子さんの健康を守るだけではなく、
結果的には「家族全員の健康を守ること」にも繋がっていく大切なことなのではないのでしょうか。



水道水を少しでも安全に飲むなら

「残留塩素」の問題はあるといっても水道水も飲めないわけではありません。
この残留塩素を軽減させる方法もあります。それは一度「沸騰させて飲用する」ということです。

家庭用の浄水器もありますが、
残念ながらそれよりも「沸騰」させて飲むことのほうが効果はあります。

家庭用浄水器はフィルターの汚れによる
「衛生面での問題」や「効果の減少」を知らずに使っている場合があるんですね。

また蛇口に装着するタイプのものは、
蛇口の根元に負荷を与えてしまい、破損の原因にもなるケースも見受けられます。

ですので一つの方法としては翌日に飲む水は、
前日の夜のうちに一度沸騰させて置いておく、などすると良いかもしれません。

ただし!一度沸騰させてしまいますと
長期間の保存はできなくなりますのでご注意下さい。もしその場合は水道水をそのまま保存しましょう。

ちなみにこれらの手間を考えても良い方法の一つがウォーターサーバーの活用です。

ご自身に合った方法で安全な水の摂取をしていただけたらと思います。


赤ちゃんが飲む水

握手

生まれたばかりの赤ちゃんは何かと気を付けないといけないものですよね。
粉ミルクと合わせる水にもかなり気を使っている方が多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが飲む水は硬水ではなく、やはり軟水の方が良いそうです。
と言うのも、赤ちゃんにはミネラル成分がたくさん含まれている硬水は
赤ちゃんにとってあまり良い事ではないのだそうです。

更には、粉ミルクには、すでに赤ちゃんにとって必要な栄養素が含まれているので、
出来るだけ不純物のないお水が良いでしょう。
最近で言うとウォーターサーバーのお水などはピュアウォーターと言って、
不純物が一切含まれていないものなので、ミネラルウォーターよりも、
赤ちゃんに飲ませやすいお水になっているようです。

もちろん水道水が絶対にダメというわけではありません。
しかし、水道水の場合は沸騰させて殺菌処理などを行わないといけませんので、
なにかと面倒になってしまいます。
赤ちゃんの健康のためにもお水にも一工夫があると良いと思います。

子供のための手洗い・うがい

私たちが小さい頃母親に良く言われた言葉といえば、
「手洗い、うがいはしなさい」でしたよね。
もちろん、必ず帰ってきてから手洗いとうがいはしっかりとしていたので、
大人になった今でも癖になっています。

しかし、大人になってから感じたのは、手洗い、うがいをしていなくても、
特に体調に変わりはないという事。
なぜ、子供の時にやらなくてはいけなかったのか。
原因は、免疫力にありました。
必ず、人間がもっている免疫力。いわゆる自然治癒力ですが、
大人の免疫力は非常に強く、普段生活している中での空気中の菌たちは、
体内に入っても免疫力のお陰で死滅します。
ストレスや不摂生などで、低下していきますが、
普通に生活していれば、そこまでの著しい低下と言うのは見られません。

しかし、子供はそもそもの免疫力が低く、
少しの殺菌でも病気になってしまう可能性があります。
手は菌が集まりやすく、口などの粘膜の部分は、菌が侵入しやすい場所のため、
手洗い、うがいは重要と言うようになったそうです。
子供の事を考えると、手洗い、うがいだけで、
病気を未然に防げるのであれば、必ず行った方が良いと言えるでしょう。

子供に水の大切さを教える

私たちの近くには当たり前のように存在しているのが、「お水」ですよね。
生活では欠かせないものなのが普通です。
そのような、当たり前に存在している水ですが、実は際限なく存在するものではありません。
地球のほとんどは、水で覆われていますが、
実際飲料水などで使用できるのはこのうちのほんのわずかでしかありません。

また、日本では、普通に生活としてしようしていますが、
お水が中々手に入らない国も存在します。
そういった国の子供たちは、私たちが普段飲んでいるような飲料水は、
見たこともないというのが現状です。

一昔前には、天候により、水不足という事が日本でも起きました。
今のままだと、近い未来には、そのような事態が普通の出来事になってしまう可能性もあります。
また、お水は勝手に作られているわけではありません。

当然のことながら、ダムが必要であり、ダムを設置できる場所も必要なのです。
節水をすることで、自然を守られるだけではなく、
将来のためにも役立つという事になります。

今の子供たちが大人になっていても、変わらずお水が大切と思えるように、
私たち大人が子供にお水の大切さを伝えていかなければなりませんね。


おすすめリンク


更新履歴